国庫からの融資

日本政策金融公庫なら低金利で融資が受けられる

事業資金を国から調達する手段としては、日本政策金融公庫から融資を受ける方法が挙げられます。日本政策金融公庫は、政府が100%出資している政策金融機関です。中小企業を中心に事業資金の融資を行っています。日本政策金融公庫の特徴は金利が低いことです。一般の金融機関とは異なり利益を上げることを目指しておらず、経済の発展や企業の成長を目的としているので低金利ので融資が可能となっています。一方、借り換えは行っていないので注意してください。低金利な日本政策金融公庫が借り換えを行ってしまうと、民業を圧迫してしまうので禁止となっているのです。また、返済が難しくなった場合のリスケジュールにも対応しています。経営が悪化したとしても、返済期限を伸ばしてもらうように相談することが可能です。

日本政策金融公庫は中小企業でも融資を受けやすい

中小企業は大企業と比べて銀行などの金融機関からの借り入れが難しく、事業資金の調達手段に乏しいです。そんな中で、日本政策金融公庫は中小企業を支援する役割をになっており、創業したばかりの企業や実績の少ない企業であっても融資を受けられる可能性が高くなっています。融資を受けて事業を行いしっかり返済を行っていると、そのことが評価されて他の金融機関から融資を受けやすくなるメリットも存在します。ただし、しっかりとした審査はあるので誰でも融資を受けられるとは限りません。特にある程度の自己資本は必要になります。自己資本の出所についても調べられるので一時的に借りた資金では見抜かれてしまい、審査に通らないでしょう。また、審査には1ヶ月ほどの機関がかかります。すぐに資金が手に入るわけではありませんが、民間の金融機関よりは短くなっています。

事業資金を大阪で調達するには、国からの助成金や補助金を受給するという方法があるので、事前に条件などを確認しておきましょう。