事業資金を調達するのは経営を進めていく上で重要なことですが、これから起業しようという人にとってはあまり親しみがないものかもしれません。事業資金の種類や調達方法について詳しく理解して独立の準備を整えていきましょう。

事業資金の種類

事業資金と言われるものには種類があります。事業に使用する資金という意味では一括りにすることができますが、調達方法にも違いが生じるので注意しなければなりません。二種類の事業資金について詳しく紹介します。

創業のための事業資金

創業のための事業資金は、ほかの事業資金とは異なる特徴を持っています。それは、融資をしてくれる相手が少し限られてしまうという点です。なぜならば、通常、資金を借り入れる際には金融機関を頼りにします。そ…


運転のための事業資金

事業を起こそうと決意した時に必要な物は色々ありますが、何といっても一番は事業資金です。事業資金とは事業の立ち上げ、運営、開業する資金の総称の事を指します。そこで、今回は事業資金とはどのような種類が…


創業時と運転時の資金の考え方の違い

新たに事業を始めるときは元手が必要です。モノを製造するなら、原材料を仕入れて加工するための装置・スペースなどをまず確保しなければなりません。小売業やサービス業でも、一定の仕入コストやスペースコスト…


事業資金の調達方法

事業資金を調達するにはどうしたら良いのかというのは起業するときには切実な問題です。一般的な事業資金を調達する方法を紹介するので、それぞれのメリットとデメリットを詳しく理解して選べるようになりましょう。

国庫からの融資

事業資金を国から調達する手段としては、日本政策金融公庫から融資を受ける方法が挙げられます。日本政策金融公庫は、政府が100%出資している政策金融機関です。中小企業を中心に事業資金の融資を行っていま…


金融機関からの融資

手持ちの資金が十分にあれば問題ありませんが、そうでない場合は事業資金を用意する必要があります。多くの会社が利用しているのは金融機関で、銀行などを使ってビジネスで必要になる資金を得ています。金融機関…


ソーシャルサービスの活用

事業者向けの資金調達のノウハウが紹介されたサイトを使おう

設備投資や店舗の開業、スタッフの確保など様々な理由のため、資金調達の方法に悩んでいる事業者の数は日本中に多くいます。そうした中、少しでも効率良く必要資金を確保したい場合は、早いうちに事業者向けの資金調達のノウハウが紹介されたソーシャルサービスのサイトを使うのがおすすめです。最近では、大手や各地の優良な中小企業の経営者の資金調達の体験談が掲載されているサイトも続々と登場しており、ベテランの経営者はもちろんのこと、開業をして間もない経営者にとっても魅力的なツールとして位置づけられることがあります。また、サイトによっては、資金調達に役立つ銀行や信用金庫などをランキング形式で紹介しているところもあり、短期間のうちに借入先の候補を見つけることも可能です。

高額資金を確保するならクラウドファンディングも検討しよう

事業者向けのクラウドファンディングをサポートしているソーシャルサービスのサイトは、様々な立場の経営者から関心が集まっています。特に、ベンチャー企業の経営者や個人事業主など銀行から高額な資金の借入が難しい人は、クラウドファンディングを手段に選ぶことで、プレゼンテーションの仕方によっては短期間のうちに百万円以上の資金を確保することも可能です。また、クラウドファンディングに特化したサイトの中には、新規の登録者を対象に各種手数料を安くしたり、事業のアピールの仕方について専門のスタッフがメールや電話などで相談を受け付けたりしているところもあります。そこで、いくつかのサイトのシステムを比較して、なるべくニーズに合ったサイトを見つけることが大事です。